脂質異常症の改善にはサプリメント?効果のあるおすすめは

遺伝によって脂質異常症になることはあるの?

 

遺伝によって脂質異常症になってしまうということもあります。日本人の場合は、LDL受容体と言われる受容体に生まれつき異常があることによって発症してしまう家族性高コレステロール血症を発症する人が多いです。

 

LDL受容体とは?
中性脂肪やコレステロールは脂質の一種になっています。これらは水分に溶け込まない性質を持っています。ですので、通常の場合だとコレステロールや中性脂肪が血液に溶け込むということはありません。しかし、中性脂肪などの脂質が血液中に溶け込んでいるのが実情です。

 

これはリポ蛋白という物質が脂質の中に入っているためです。リポ蛋白というのは、種類がいくつか存在しているのですが、その一種になっているのが、LDLと呼ばれるものです。悪玉コレステロールはLDLコレステロールと呼ばれていますが、これはLDLによって運搬されているコレステロールになっているからです。

 

細胞にはLDL受容体と言われるものがあるのですが、このLDL受容体とLDLが結合することで、コレステロールを細胞に送ることができるようになっています。ですが、家族性高コレステロール血症になってしまっているため、元々LDL受容体に問題が生じてしまっています。

 

そのため、細胞にコレステロールをスムーズに送ることができません。そうなると、十分に細胞にコレステロールが送られず、血液中にコレステロールが溜まってしまうことになります。この家族成功コレステロールは2種類に分かれています。

 

ひとつ目はホモ接合体タイプといわれるもので、このタイプのものは両親の特異な遺伝子を引き継いでいることで、先天的にLDL受容体が少なくなってしまっているのです。このような場合は、ほとんどLDLを細胞内に送ることができなくなります。このホモ接合体タイプは、非常に珍しい病気になっており、100万人中1人くらいの割合だと言われています。

 

そして、ヘテロ接合体タイプといわれるものもあるのですが、こぢらは親のどちらかから特異な遺伝子が引き継がれているというものです。健康体な人と比べてLDL受容体の数が半分くらいしかありません。

 

このヘテロ接合体タイプの場合は、500人に1人の割合で発症すると言われています。脂質異常症と診断されたら運動療法も行うことになるのですが、運動療法というのはどのようなものなのか、そして本当に改善させることができるのかについてお話をしていきます。

 

運動療法って何をするの?
脂質異常症の場合、食事療法も行うことになりますが、同時に運動療法を行うのが望ましいとされています。適度に体を動かして運動をすることによって、血液の中に含まれている中性脂肪を減少させることができるようになるとされています。

 

また、同時に善玉コレステロールを増やしてくれるのです。運動療法としてどのような運動をすれば良いのかについてですが、ジョギングやウォーキングなどといった有酸素運動が良いと言われています。軽い運動ですから体力にあまり自信がない人でもすることができるようになっています。

 

なお、運動療法を行うのであれば、1日30分から60分位するほうが良いと言われています。そして、1週間に180分以上体を動かすようにしましょう。ただ、運動を今までしていなかったのであれば、少しずつ体を動かすようにして、少しずつ体を慣れさせるようにしましょう。

 

 

子供でも脂質異常症になることがある

 

子供が好みやすい食べ物を考えてみると、糖分や動物性脂肪が多く含まれているものを好みやすい傾向にあります。このようなものばかり食べ過ぎてしまっていることも問題ですが、最近は運動をしない子供もとても多くなりました。そのため、最近は子供でも肥満の状態になってしまっていることが多くなってきているのです。

 

そして、子供なのにすでに生活習慣病予備軍になってしまっているケースも増えてしまっています。昔は生活習慣病というと中高年がなるものというイメージが強かったのですが、最近は若い子供でも生活習慣病になる可能性が高くなってしまっています。

 

子供というのは10歳前後から急激に成長をするようになります。この時期に体重が増えるということはそこまで問題ないのですが、5歳から7歳位ですでに肥満になってしまっているのであれば、成長してから肥満から脱却するのは難しくなってしまいます。ですので、子供のうちに肥満を解消させるようにするべきなのです。

 

子供の成長にとってコレステロールは必要なものです、生まれてから1週間位でコレステロール値は9割前後になりますし、それ以降もコレステロールが増えていきます。

 

ただ、乳幼児で脂質異常症と診断される場合、大人よりも数値が低めになっています。小さな頃からコレステロール値が高すぎてしまっていると大人よりもリスクが高くなってしまうということです。この他にも、遺伝性脂質異常症になってしまっているのであれば、若い頃に動脈硬化を発症しやすくなってしまいます。

 

ですので、若い頃から心疾患や血管障害などのような問題が生じてしまうリスクも比例して高くなってしまうということです。ですから、脂質異常症になってしまっている人が家族にいるのであれば、子供の脂質異常症の警戒をしておいたほうが良いでしょう。

 

脂質異常症に自覚症状はあるの?

 

脂質がちゃんと代謝されておらず、血液の中に多くなりすぎてしまっている状態を脂質異常症と言います。この他にも、家族性高コレステロール血症といわれるものもありますが、こちらはアキレス腱や肘などのような関節部分に、コレステロールの塊である黄色腫が生じるということもあります。

 

ただ、大体の場合は脂質が血液の中に増えてしまうというものになっていますから、自分で気づくということは殆ど無いでしょう。実際に、血液検査で検査をしてもらった結果、脂質異常症と診断されるケースが殆んどです。

 

病院などで脂質異常症と診断されたとしても、症状として何か支障が出てしまっているというわけではないですから、あまり問題視していないという人もいます。ですが、いくら自覚症状がないからといって、脂質異常症を甘く見てしまっていると、後で大変なことになりかねません。

 

脂質異常症を放置した場合、動脈硬化になる可能性がとても高くなります。悪玉コレステロールが血液中に多くなりすぎてしまい、この悪玉コレステロールが酸化をしてしまって、血液の内壁部分に沈着してしまいます。

 

そして、マクロファージという白血球の仲間が取り込んでそのまま死んでしまいます。これによって、プラークと言われるコブが動脈内にできてしまい、血液の循環が悪くなってしまいます。

 

さらにプラークが血栓を作り出してしまい、血管が詰まってしまいやすくなってしまうのです。これによって、心筋梗塞や脳卒中などのように非常に危険な病気を引き起こしてしまうということもあります。

 

この他にも、脂質異常症の一種として高トリグリセライド血症といわれるものがあるのですが、この高トリグリセライド血症を放置した場合、急性膵炎に発展してしまうということもあります。膵臓が中性脂肪によって妨害を受けてしまい、膵臓が深刻なダメージを受けてしまうことになりかねません。

 

脂質異常症改善サプリメント!DHA&EPAが効く?

新着情報